ペットに正しいしつけをするために用意しておきたいモノ

好ましい行動を体験させよう

犬を飼う際は、どんな犬種を選ぶかが重要なポイントになりますが、自宅にペットを迎え入れるための環境を整えることも重要です。犬を飼う前の段階で、用意しておきたいアイテムを紹介します。まずは、犬の個室として使用する「クレート」です。小型犬の場合はプラスチック製のハードタイプのキャリーバッグを用意するのが良いでしょう。そのまま簡単に持ち運ぶこともできますよ。広すぎるクレートだと、中でオシッコやウンチをしてしまいがちなので、体の向きが変えられるくらいの大きすぎないサイズがベターです。また、飼い始めの頃は「トイレシーツ」も必要になります。吸収性のポリマーが素早くオシッコを吸収するので、犬がその上を歩いても足裏があまり汚れないというメリットがあります。トイレトレーニング時は、サークル内の全面に敷き詰める必要があるので、多めに買い置きしておくと安心ですよ。

こんな便利アイテムもある

「フードボウル」や「フードポーチ」も必要です。フードボウルは、安定感があり、傷がつきにくい素材のものを選びましょう。水飲み用としてのフードボウルもあると便利です。フードポーチは、社会化のトレーニングが本格的に始まったときに、ご褒美のフードを携帯する入れ物として重宝できます。ウエストにつけて散歩をすれば、素早くフードを取り出すことができて便利ですよ。また、家具などを甘噛みさせないための商品として「噛みつき防止スプレー」があります。自然の成分から抽出した苦い味の成分なので、万が一かじっても犬の体に害は及びません。

ペットショップの中にはトリミングサービスを実施している店もあります。美容や健康のためにペットを預けることが出来ます。