選別ソフトを利用して残そう!!フォトアルバムでも残せるよ!!

ソフトで選別して保存する写真を決める

写真を撮影しておくと、その時の記念が残せます。フイルムカメラの時代は、写真を残すのにいろいろお金がかかりました。そのため無駄な写真はあまりありません。一方デジタルカメラだと、写真にかかるお金があまりかかりません。自分のスマホやパソコンなどに保存していれば、いくらでも保存できます。ただその中には同じような写真もあり、無駄が生じる可能性があります。写真の残し方として、写真を選別してくれるソフトの利用があります。フォルダ内にある写真をソフトの方がチェックして、同じような写真ならその中から1枚だけを選んでくれます。それ以外を廃棄すれば、無駄を減らせるでしょう。もちろん人の目でもチェックできるので、うまく活用すると良いかもしれません。

とっておきの写真をフォトアルバムにして残す

デジタルカメラで撮影した写真は、デジタル保存ができます。パソコンのハードディスクやDVD、その他SDカード等にも保存ができます。しかし、ハードディスクなどには寿命がある点を忘れてはいけません。急にハードディスクが壊れれば、それ以降中のデータが見られなくなります。DVDやSDカードなどもいつ劣化するかわかりません。そんな時に役立つのがアナログ保存です。プリンタなどで印刷をして残しておけば、デジタル機器の劣化による消失は防げます。インターネット上にはフォトアルバムサービスを提供するサイトがたくさんあります。子供の成長記録などとっておきの写真があるなら、フォトアルバムにしておくと良いでしょう。いつでも見られるメリットもあります。

フォトブックは値段だけで決めると、仕上がりのイメージとのギャップが生まれるので、紙質やサイズなどをしっかりとチェックして選ぶ様にしましょう。