ティータイムには美味しいお菓子を!ラスクの作り方を学ぼう!

ラスクの特徴と市販品の選び方

ラスクは小麦粉で作ったパン菓子の一種です。パンを二度焼きして作るので水分が極端に少ない特徴があります。通常のパンと比べて日持ちするので保存食として扱われることもあります。パン屋では食パンやフランスパンなどを薄く切って二度焼きするのが一般的な作り方なので、店によって形や味付けが異なります。また、市販されているラスクは口当たりの良さを重視しているので水分が多い製品も存在します。

市販のラスクは砂糖やシロップなどで甘味を増している物が多数を占めます。口当たりが良いので小さい子供や高齢者でも食べることが出来ますが、製品によっては日持ちがしない物もあるので購入の際には賞味期限を確認するのが安全に食べるための心得です。

手作りラスクで失敗しないための工夫

ラスクを自作する場合、市販のパンを二度焼きするのが最も簡単な方法です。食パンやフランスパンなどを薄く切り、高温設定のオーブンで焼くことでラスクを作ることが出来ます。ラスクを美味しく作るためには水分を完全に除去しながら余計な焦げ目を付けないのが重要なポイントなので、パンの厚さに気を配ることが大切です。特にバターや砂糖などを添加して味を付ける際は焦げや生焼けを避けることが重要なので、温度設定には細心の注意を払います。

パン生地からラスクを作る場合は水分を減らし、固い生地に仕上げることを心がけます。ホームベーカリー用の小麦粉をそのまま使うことが出来ますが、弾力性を保つ程度の水分に留めるのがラスク向けの生地を作る条件です。

那須ラスクは、栃木県の那須町にあるお店で買うことができます。メイプルやガーリックなど味も豊富で何よりサクサク感がやみつきになるラスクです。