どんなことをすればいい?ローソファで寛ぎのリビングを作るには

ローソファの特徴を知ること

リビングを寛ぎの空間にするには、ローソファの特徴を知ることが大切です。メリットだけでなくデメリットにも配慮することで、本来の良さも発揮できるようになります。高さが低いのは部屋を広く見せる上でも有利です。座面も低いため姿勢を崩した状態でも気軽に利用できます。寛ぎやすいアイテムだからこそ、工夫次第でいろいろなスタイルも楽しめるはずです。ソファを主役にしたいのか、リビングのレイアウトも最初に考えておきましょう。

ラグやカーペットの組み合わせを考えること

ソファを快適に使うには、ラグやカーペットとの組み合わせも重要になってきます。色の構成はリビングの印象を決める大事なポイントです。ベースとなる色でまとめれば、落ち着きのある空間になります。色にアクセントを入れると、メリハリが出て元気な印象に仕上がるはずです。寛ぎがコンセプトの場合には、ナチュラルな色味で構成していくのが良いかもしれません。ソファとラグの質感を合わせれば、リビングに統一感も生まれるでしょう。

ソファの座り心地を重視すること

座面の薄いローソファはクッションのへたりも早くなってしまいます。強度の高い材料が使われているものは、座り心地も長持ちするのでおすすめです。いくら見た目が気に入っても座り心地が良くなければ寛ぎの空間は作れません。天然素材が使われているソファなら、定期的なメンテナンスも必要になってきます。ソファの寛ぎを維持するには、直射日光や高温状態を避けるなどリビングでの配置も気を配っておきましょう。

ローソファは段差の低いソファですが、足腰の負担を和らげる効果があります。来客が宿泊する際はベッドとしても使える優れものです。